レジーナクリニック大阪院の詳細

レジーナクリニック大阪院へのアクセス

ニューオープンして早くも話題のレジーナクリニックの大阪院は
西梅田駅 徒歩3分
北新地駅 徒歩2分
と西梅田エリア、大阪駅前第一ビルの向かい側のビルにあります(桜橋IMビル)

 

 

建物入口はここ

 

中に入って奥のエレベーターで10階まで上がりましょう。

 

レジーナクリニック大阪院のクリニック詳細

住所 : 大阪市北区曾根崎新地1-4-20 桜橋IMビル10階
電話 : 06-6147-7590
診療時間 : 月?金 12:00?21:00 / 土日祝日 11:00?20:00
定休日 : なし
アクセス : JR大阪駅 徒歩8分 / 西梅田駅 徒歩3分 / 北新地駅 徒歩2分 / 梅田駅 徒歩8分
クレジット : VISA、MASTER、AMEX、JCB

 

レジーナクリニックの全身脱毛

レジーナクリニックは美容外科クリニックでは後発組ですが、何よりその料金の安さが魅力のクリニックです。

エステサロンや脱毛サロンで全身脱毛と言えば月額1万円前後が相場で、1年通って全身脱毛6回できるサロンがほとんどです。
ですがエステの脱毛の場合は脱毛効果が強くないので6回では全然足らず、2年〜3年通うのが普通。毛深い方だと3年以上通うことも珍しくありません。
月額1万円のエステに3年通ったら36万円ですね。

 

しかしレジーナクリニックの医療レーザー脱毛では1回ずつの効果が高いので、普通の毛量の方なら5、6回でほぼつるつるになれます。
(毛量が多い部位や、効果が出にくいとされる産毛では完全につるつるを目指すと7、8回必要な場合もあります)
レジーナクリニックでは標準の全身脱毛コースを5回に設定していて、まずはこのコースで様子を見ながら、もっと照射したい部位があれば追加していくというのが賢いやり方と言えますね。

 

レジーナクリニックの全身脱毛施術範囲

レジーナクリニック大阪院|詳しい案内とキャンペーン情報

 

全身脱毛26ヵ所には顔とVIOは含みません
全身脱毛(顔+VIOあり)はキャンペーン料金で260,000円(税別)

 

照射部位(26部位)
両ワキ / 両ヒジ上 / 両ヒジ下 / 両手の甲 / 両手指 / 両ひざ上 / 両ひざ下 / 両足の甲 / 両足の指 / 両胸 / おなか / 乳輪 / 背中 / 首・うなじ / ヒップ

 

レジーナクリニックの全身脱毛料金

レジーナクリニックは現在オープニングキャンペーンで全身脱毛がかなり安いです。
キャンペーン料金なので、今後元に戻る可能性はありますが、現時点では日本一安い料金設定です。

 

全身脱毛26ヵ所 通常350,000円 →189,000円+税(税込 204,120円

 

実際にどれくらい安いか分かりやすいように比較してみましょう。

 

  全身脱毛5回(顔、VIOなし)
アリシアクリニック

288,750円(税込)

ドクター松井クリニック

269,028円(税込)

リゼクリニック

298,000円(税込)

聖心美容クリニック

341,280円(税込)

レジーナクリニック

204,120円(税込)

 

 

多くの美容外科クリニックでは全身脱毛5回(顔、VIOなし)を標準コースにしているので、同じ条件で比較してみました。
都内で一番安いドクター松井クリニックよりも安い料金で、正直びっくりしました。

 

ちなみに、安さで人気の湘南美容外科クリニックでは全身脱毛5回のコース設定がなくて、公式サイトで確認できるのは6回の顔+VIOありで税込み435,370円です。
レジーナクリニックの顔+VIOありの全身脱毛5回は税込み280,800円なので、レジーナクリニックの安さはご理解いただけると思います。

 

その他の費用

 

レジーナクリニック大阪院|詳しい案内とキャンペーン情報

 

その他の費用というのは具体的にはこれらの料金です。
初診料、再診料、予約キャンセル料、剃毛料金、アフターケアクリーム、治療薬、肌トラブル時の追加照射

 

医療レーザー脱毛を看板メニューにしている多くのクリニックでは「●●料→無料」というのをよく見かけます。
例えば初回のカウンセリングを有料にしているクリニックはほとんどありませんね。
なので、レジーナクリニックも当然無料なんですが、ここでは省きました。

 

ですがその他の●●料は実際に有料のクリニックがあります。
都内で全身脱毛の超格安キャンペーンをしながら、ちゃっかり初診料や再診料を請求される某クリニックとか。
予約のキャンセル料はクリニックでも基準がバラバラですが、エステの脱毛でもかなり厳しいサロンがあったりします。
女性ですから2ヶ月〜3か月先の予約をとっても、当日生理になることだって当然あります。
ケアアイテムは無料でついてくるケースがほとんですね。

 

しかし、見逃せないのは「肌トラブル時の追加照射」です。
これは大手ではリゼクリニックなどが採用しているシステムで、これがあるのとないのとでは安心度が全然違います。
例えば顔の脱毛をした時に起こるトラブルで硬毛化という現象があります。これは産毛を脱毛したときに、脱毛前よりも毛が太くなってしまうことを言います。
原因はハッキリとはしていませんし、産毛の脱毛では一定の確率で起こりうるトラブルの一つで、硬毛化した産毛を再度脱毛するのに自己負担だと困りますよね?
そういう時にも「肌トラブル時の追加照射」が無料で対応してもらえるクリニックというのは心強いものです。

 

レジーナクリニックの脱毛機

医療脱毛の痛みはそのクリニックで使用している脱毛機の性能で変わります。
クリニックによっては最新の蓄熱式の脱毛機などで「ほぼ無痛」と表現している公式サイトもありますが、そんな事はありません。
蓄熱式の脱毛機でも普通に痛いので、騙されないようにして下さい。

 

レジーナクリニックでは脱毛機が当初から2種類あり、肌質や毛質に合わせて選んで施術してもらえます。
その2種類の脱毛機をここで簡単に紹介しておきます。

 

ジェントルレーズプロ

ジェントルレーズプロは国内で最も普及している脱毛機ジェントルレーズの後継機で、安定した脱毛効果が得られる人気のマシンです。
プロになって大きく進化したのはハンドピースにある冷却ガス装置で、照射と同時に皮膚を冷やしてくれるので痛みを感じにくいという点でしょう。
痛みを軽減する機能としては最も効果が期待できる脱毛機です。
そしてプロのもう一つの特徴はレーザーのパルス幅(照射時間)を調節できる機能ができたことです。肌質や毛質に合わせてパルス幅を調節することで一番効率よく照射することができ、その分脱毛効果も高くなります。

 

 

 

ソプラノアイス・プラチナム

蓄熱式で有名なのはメディオスターシリーズのマシンですが、このソプラノアイス・プラチナムにはメディオスターシリーズにはない機能が備わっています。
それは施術者が操作しながら皮膚の熱量を把握できる点です。
蓄熱式の脱毛機では同じ場所を何度か往復するうちに熱量が上がっていき、最後はチクチク・ヒリヒリとした熱が広がりますが、それを手元でコントロールしながら施術できるのがこのソプラノアイス・プラチナムの最大のウリです。
他クリニックではこのソプラノアイス・プラチナム導入後に「痛かったら返金しますキャンペーン」を開始したほどです。
蓄熱式の医療レーザーはお肌に優しい脱毛はできますが、痛くない施術となるとこのマシンの方が有利と言えます。

 

>>レジーナクリニックの公式サイトはこちら<<